核シェルターのご紹介

核シェルターを選ぶ10のポイント

① 気密性が1番重要です(日本家屋は窓が多く、換気、通気性重視の設計なので気密性には弱い為)針の穴も通さない程の気密性が求められます

② 各省庁など、日本の国家機関が既に導入している(国・会社)の製品を参考にしま
しょう

③ 気候が似ている国の製品を導入しましょう
(日本には4カ国の核シェルターが流通しています)

④ 必要な人数分ピッタリの大きさではなく「少し大きめ」を導入しましょう

⑤ アフターメンテナンスを行ってくれる会社から買いましょう
(生命に関わる事なのでとても重要です)

⑥ 過去の納品、取引実績を参考にしましょう

⑦ 経験豊富な業者を選びましょう

⑧ 核シェルター本体だけでなく周辺機器も重要です(バッテリー・水生産機・防爆トビラなど)

⑨ 地震大国の日本では地震に備えた「耐震シェルター機能」も備えた2wayを選びましょう

⑩ 導入後が大事なお付き合いになります、会社が無くなっては困りますので「会社の規模」も調べましょう

国内最高の品質を誇るワールドネットインターナショナルのシェルターラインナップ。イスラエル製のCBRNフィルターを基本として、室内設置~屋外設置まで様々なパターンをご用意いたしました。お客様の環境や退避人数、ご予算に合わせてご提案させていただきます。

製品ラインナップ

wnishelter.h300200

室内設置型シェルター

最後の砦:地下に埋める事無く、防爆・耐震・耐放射性物質・耐化学生物兵器の対策が出来る最後の砦WNISHELTER

about-distributors-image003

部屋設置型シェルター

レインボー36V:お部屋の中に設置するだけで、ご自宅やオフィスの一室をCBRNに対応した「核シェルター」にすることができます。

図2 - コピー

工事不要型シェルター

レインボーテント:設置工事不要・有事の際テントを組立て利用する。室内の気密処理不要。室内環境であれば全て対応可

レスキューブ外観

屋外/地下埋設対応型シェルター

レスキューブ:最短工期にてコンクリート造のシェルターを地上設置・地下埋設で設置可能。

about-distributors-image005

地下埋設型シェルター

地下に埋設するタイプのシェルター。掘削するスペースがある方はこちらのタイプがおすすめ。

about-distributors-image004

大型施設用シェルター

FAH-FS:レインボー36Vでは対応できない場合や、36㎥以上の場合対応。環境や退避人数に合わせてお客様要望に合ったサイズのご提案が可能です

widedome - 300200

屋外設置型シェルター

庭やガレージ等室外に設置するタイプのシェルター。掘削はしないが外に置きたい方向け。納期も地下型よりも早く対応可能

レスキューブガレージタイプ

屋外設置型ガレージシェルター

車庫仕様のシェルター。車庫+奥に1室設けることで、自宅から避難しやすいシェルターをご用意が可能に!

当社の取り組み

私たちワールドネットインターナショナルは、1台で複数の機能を装備した「5way」「6way」「 7way」シェルターを日本で初めて開発した企業です。

5WAY製品の開発

5way-shelter-190207

放射性物質除去・生物兵器除去・化学兵器除去・防爆対策・耐震の機能

6WAY製品の開発

6way-room-190208

5WAY製品+高気圧酸素の機能

7WAY製品の開発

7way-dome-190208

6WAY製品+低圧酸素トレーニングの機能

この他の開発

この他、高気圧酸素では業界で初めて1.5気圧~1.9気圧までの「スーパーO2 Room/スーパーO2 Dome」を開発、製造に成功し、また、国内初の200トンの耐震強度圧縮試験に合格した耐震シェルターを発表するなど前例に無い画期的な開発を進めて参りました。

今はもはや国家レベルの課題になりつつある水害津波シェルター・耐震シェルター・核シェルターなどの救命シェルターの全種を開発、製造、販売するのは、国内では我社が唯一の企業です。

これからも常に一歩進んだ開発製造を進めて参ります。

ショールームのご案内

ショールームも御座います。家庭用の核シェルターや体育館に導入するような大型核シェルターも御座います。 ご購入をご検討のお客様は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか? ぜひお越し下さい。

まずはご予約を頂いてからのご案内となります。ご予約電話番号は042-440-6020まで。受付時間は平日AM9時からPM6時までとなります。

※画像をクリックすると大きいサイズでご覧頂けます